Skyline Systems (スカイライン システムズ)

Skyline Systems
Los Angeles, California, USA

Tel
E-mail

:
:

(310) 398-3230
Windows の スタートアッププログラムのコントロール
Windows がスタートすると自動的に実行されるプログラムが沢山あります。MSNやYahoo などのメッセンジャー・プログラムはその一部です。

それらのプログラムが自動的に実行されないようにするには、MSCONFIG などのプログラムを使えば簡単に行えますが、その変更は一時的です。

下記のプログラムを使えば、どのプログラムがどのような仕組みで実行されているか分かり、一時的でなく永久的に削除も行えます。また、ウイルスやスパイウエアの確認に便利だと思います。

Startup Control Panel

「Standalone EXE Version 」をダウンロードして、任意のフォルダに保存後、実行してみてください。

 

スタートアップに付いて
上記のプログラムで殆どカバーしてますが、Windowsには幾つかの自動的にスタートアップする機能があります。以下はそのリストです。
  1. レジストリ : 各ユーザ (HKEY_LOCAL_USER)
  2. レジストリ : PC全体 (HKEY_LOCAL_MACHINE)
  3. メニュー : スタートアップ (各ユーザ)
  4. メニュー : スタートアップ (PC全体) (ここまでの4つは上記のプログラムで管理できる)
  5. ファイル : win.ini
  6. ファイル : system.ini


よって、スパム対策を手動で行う際には、5と6を Sysedit プログラム等を使って確認することを薦めます。

Sysedit (下の画面コピー、System Configuration Edirot)は古いプログラムですが、「ファイル名を指定して実行」からスタート出来ます。それらのファイルの中で、「 load 」 という行が存在したら、その行の最初にセミコロン「;」 を付ければ、一時的にその行のプログラムが自動的にスタートしないように出来ます。

*