Skyline Systems (スカイライン システムズ)

Skyline Systems
Los Angeles, California, USA

Tel
E-mail

:
:

(310) 398-3230
スパムメール対策 (MS Outlook Express)
先日(11月25日)、米国下院議会でスパム防止の法案が通過し、ブッシュ大統領はその法案に署名する意向ですが、その効力が発揮されるまで相当の日数がかかるでしょうから、それまでは下記の方法でスパム対策を講じてみてください。

Outlook Express のルール機能

メール受信時に、自動的に指定のフォルダに収めたり出来る「ルール機能」を使って、スパム対策をしてみましょう。

例えば、知人のメールアドレスから届いたメールはその知人専用のフォルダに移動するようOutlook Expressの設定ができます。

本ページの例では、下記の3つのルールを作成します。

  1. 知人からのメール (Mail from known contacts)
    * 知人のメールアドレスは、アドレス帳に登録されている必要があります

  2. 自分宛て以外のメール (Mail NOT addressed to me)

  3. スパムの疑いのあるメール (Word filters Subject line)

 

方法
(準備)フォルダの作成
知人専用のフォルダと、自分宛て以外のメールやスパムと思われるメールを受信するフォルダを作る (例として下記は「受信トレイ」の中に作成)

 「受信トレイ」の中にフォルダを作るには、Outlook Expressの左側にフォルダの一覧が表示できている状態で、「受信トレイ」を右クリックしてメニューから「フォルダの作成」をクリック。

「フォルダの作成」ダイアログでは、「フォルダ名」に例えば「Friends」と入力し、OKをクリック。

 

ルール @ : 知人からのメール
  • メニューから、「ツール」、「メッセージルール」、「メール」 とクリックし、「メッセージルール」ダイアログを表示

  • 上記ダイアログの「新規作成」ボタンをクリックし、下記の「新規メール ルール」ダイアログを表示

  • 上記の「新規メール ルール」のダイアログの中の「1. ルールの条件を選択してください」では、リストの最初の「送信者にユーザーが含まれている場合」にチェック

  • 「2. ルールのアクションを選択してください」 では、リストの最初の「指定したフォルダに移動する」と、リストの最後から3番目の「ルールの処理を中止する」の、二つをチェック

    「ルールの処理を中止する」は、このルールの処理後に他のルールを適応させずに中止するの意。

  • 「3. ルールの説明 (…)」では、「ユーザー名が含まれている」をクリック

  • 「ユーザーの選択」ダイアログでは、「アドレス帳」ボタンをクリックして、「メールアドレス」のダイアログを表示し、知人のメールアドレスを右側の「ルールのアドレス」に移行する。

    本ページの目的はスパム対策。知人の全てのメールアドレスが登録されており、そのメールアドレスから送られてくる全てのメールをこのルールに該当させるので、アドレス帳に登録されている全てのメールアドレスを右側の「ルールのアドレス」に移行するのが望ましい。

    (全てのメールアドレスを選択するには、一番最初のメールアドレスを一度クリックし、ハイライトされている状態で、キーボードのSHIFTを押しながら、ENDキーを押して全てを選択する。)

  • メールアドレスを移行してから、OKをクリック

  • 下記の様に「人(P):」に知人のメールアドレスが表示されている事を確認して、OKをクリック

  • 「新規のメール ルール」ダイアログの「3. ルールの説明 (…)」に上記で指定したメールアドレスが表示され、その枠の一番下にある「指定したフォルダ」をクリック

  • 最初に作成したフォルダ「Friends」をクリックして、OKをクリック

  • 「4. ルール名」にも適当に「 知人からのメール」等と、後で見直したときに分かる程度に記入。無記入は不可。

  • OKをクリックして、新規ルールの作成を終了

>> ルールA >> ルールB

*