Skyline Systems (スカイライン システムズ)

Skyline Systems
Los Angeles, California, USA

Tel
E-mail

:
:

(310) 398-3230
インターネット接続方法には以下の方法が一般的です。

種類 スピード   費用(月)
モデム (アナログ) 遅い 一番簡単 約 $20〜  
DSL (Digital Subscriber Line) 早い 約 $50〜  
ケーブルモデム 早い 家庭向け 約 $50〜  
T-1 早い 商業用 約 $700〜  

PC単独のインターネット接続でしたらモデムでも十分ですが、複数のPCをインターネット接続させるにはモデムではスピードが遅いため不向きです。そのため、DSLや他の方法が選ばれますが、ケーブルモデムは住宅地にて多く利用され事務所など商業ビルでは利用できないことが殆んどです。T-1は早いスピードで回線の容量も保証されている場合が多いので、沢山のコンピュータを接続する事務所やインターネット関係の業務を行っている事務所にて利用されております。

そんな選択肢の中で、中小企業向けにはDSLが最適です。スピードはモデムの何十倍も速いのですが、料金は数倍です。
ロサンゼルスの場合ですと電話会社のPacific Bell がDSLのサービスを提供しており、それとルーター(Router)を組み合わせれば1本の回線で最高253台のコンピュータを接続できます。(実際にはDSL1本に数十台位が利用する場合が多いです。)
DSL回線には一定量の許容量(回線のスピード)が決められており、コンピュータの台数により許容量を増やす必要があります。この場合は料金も上がります。

これらの回線はあくまでもインターネット接続のためで、ホームページ作成の為のスペースや数個以外のEメールアドレスは含まれておりません。ホームページを作成(維持)するには通常ホスティングの会社のサービスを利用します。これも容量により料金が変わりますが、一月当たり20ドル程度から始まられます。一度、ホスティングの会社のサービスを受けますと、通常沢山(数十)のEメールアドレスを取得できるようになります。例えば会社名を登録しますと、「your_name@your_company.com」のようなアドレスを持つことが出来るようになり、社内でも対外的にも有効なメッセージ伝達手段を確立することが出来ます。

弊社ではDSL回線の申し込みや、ホスティング会社の選定、各Eメールアドレスの設定など、幅広いサービスを提供しております。

*